色打掛

色打掛『几帳桜爛漫』

平安の都には寝殿造りと呼ばれる貴族の邸宅が並び、ひねもす鳥の声を聴き、水の流れに想いを溶かせ、花を愛で、歌を詠み、恋をするお嬢様がいらっしゃいました。そんな京の雅を感じさせる優しい色打掛です。

裾には、姫の暮らした世界の大切な意匠である「几帳」が多重層の重厚な景色を広げ、全体の柔らかさを支えます。

 

素材
正絹
技法
手描き友禅・カチン描き・風彩染・金彩友禅
柄の歴史
平安時代~・室町時代~

こちらの色打掛は、雅な今日の風を表現したものになります。

忙しい日常は、時に自然の移り変わりも忘れてしまいます。

しかし、平安時代の貴族の娘たちは、常に季節の流れと自らの心を大切に生きてきました。

和の心が満ちた、おめでたい柄をたくさんちりばめています。

お柄の意味
宝尽くしの吉祥柄です。打ち出の小槌・隠れ蓑・丁子や宝鍵。そこに、新しい門出を意味する桜を満開にしております。
使用色数
120色(一般的な色数の約2倍を使用することで、深みを出します。)

こちらの色打掛には、幸せなご結婚にふさわしい、吉祥のお柄がちりばめられています。打ち出の小槌や隠れ蓑、破魔矢や七宝、丁子など、幸せを祝うお柄たちが、カチン描きと呼ばれる、日本一繊細と言われる桃山時代の技法で手描きされ、その周りは金銀でくくられています。これも、一枚ずつ金箔を貼り付けていく技法で、これだけ細かい柄には相当の時間がかかりますが、繊細な着姿には欠かせません。

そして、「風彩染」という、「ときつかぜ」独特のぼかし染めを施しています。

これにより、はんなりとした、優しい雰囲気が表現されています。

全てを手作業で染め抜いた、珠玉の逸品です。

図案
500時間・三代 一真けいこ・加藤富士子
カチン描き(墨線描き)
200時間・松本和美・谷口知左
彩色
500時間・谷口知左・松本和美
風彩染
150時間・加藤富士子・松本和美
金彩友禅
100時間・金彩職人さん

現代の女性と違い、家を出るということはほとんど無かったようですが、その分、自分の身の回りのものを愛で、丁寧な暮らしをしました。

すぐ近くの人や、ものの大切さを知り、優しい暮らしをすること。

工房で染めている間は、外の世界のことは想像するだけです。

制作期間は約半年。当時のお姫様と同じような状況なのかもしれません(笑)

ご身長
一般的な色打掛の長さです。
1尺8寸7分(71cm)

また、こちらの色打掛は、袖の寸法を大きめにお仕立てしてあります。

花嫁衣裳など、正式なシーンで着るお着物は、裄(お袖の長さ)をたっぷり取るという決まりごとがあります。その方が優雅だからです。

現代のレンタル色打掛はワンサイズで、裄が足りないこともしばしばあります(ポージング次第で気にならなくなる場合もあります)。

ときつかぜの色打掛は、裄のサイズを現代の方に合った長さに作っておりますので、優雅に着こなして頂けます。

花嫁小物のコーディネートも楽しみながら

風彩染のお衣裳は、他ではありえない色数で染められております。

ですから、小物合わせがとても楽しい。

年間600人のコーディネートをする「ときつかぜ」のコーディネートの深さをお愉しみください。

本当の『几帳春爛漫』の魅力は、これから始まります。

レンタルご料金

レンタル料金
¥500,000
オプション追加料金
一切不要です。着るために必要なものはすべて自由にお選びいただけます。
会場への送料
無料
特別なご提案
全ての小物から自由にお選び頂けるだけでなく、小物や掛下のオーダーなども承ります。
ご新郎最高級正絹黒紋付
無料(ご新郎お衣装単独レンタル¥100,000)

姫の輿入れのごとき着姿を、どうぞご披露くださいませ。

ご質問など、なんでもお気軽にお尋ねください。

ご質問はこちら

お衣装のご予約はこちらから

PAGE TOP