色打掛

色打掛『風模様百花繚乱』

百花繚乱咲き誇る花々は、最も繊細な表現技法、「カチン描き」という手描き技法で染められています。
その背景には「風彩染」と言われる独特の手描きのぼかし染が施され、花嫁を優しく彩ります。

図案制作
期間300時間・三代富士子
カチン描き(柄の輪郭線)制作
期間350時間・職人谷口知左
柄の手描き彩色
期間900時間・四代目洋平・谷口知左
風彩染
期間150時間・三代富士子・職人松本和美

「風彩染」と呼ばれる「ときつかぜ」の特別な技法は、着る方の「風」となり、時に優しく、時に可愛く、時に少し凛とした姿となります。

どんな雰囲気になっていくかは、着る方次第。

かわいらしくも、しっとりとした重みを持たすことも、百花のごとく千変万化します。

 

素材
正絹
技法
全て手描きによる細密カチン描き・風彩染
色数
170色

四季折々の花が風に舞うこの色打掛は、生け花の師匠としての免許も持つ三代富士子の図案です。

京都の文化が詰め込まれた図案、たくさんの花が咲き誇るなかにも「流れ」があります。

それを、「カチン描き」という、桃山時代からの線描き技法で染めていきます。

日本一と言われる「カチン描き」。

そして、「風彩染」という、独特のぼかし技法が、優しく彩ります。

色数も、通常の色打掛の3倍~5倍の、180色は使います。

大変繊細な、そして深みのある描き方をした色打掛が出来上がりました。

ご注目頂きたい柄はたくさんあります。

こだわった色もたくさんあります。

こちらでは一つだけご紹介。

背中の一面をご覧ください。

左胸の春の桜が、右胸の秋の紅葉と交錯していきます。

移り変わる風の色。交わり、色づきを変える二つの華。

違う場所で咲いていた花が、一つになっていく色打掛です。

それは、ご新郎様・ご新婦さまのことかもしれません。

作品の詳しい工程をご覧になられたい方は下記ボタンよりご覧ください。

対応身長
~180cm
1尺8寸7分(約71cm)

また、こちらの色打掛は、寸法を大きめにお仕立てしてあります。

色打掛のレンタルは、大体寸法がワンサイズしかなく、特に私たちが気になったのは、腕の長さ「裄」(ゆき)のことです。

背中心から手首までの長さのことで、一般的な打掛レンタルは65cmほどですが、これは、人によってはとても短いと思われます。今は、身長が160cmを切っていても、手足が長くて71cmでお仕立てする方もいらっしゃいます。お着物は、袖が長い分には良くても、短いのはカジュアル着(極端に言えば浴衣)になってしまうからです。

このお衣裳は、ご身長は勿論のこと、身巾も通常よりゆったり目に作られ、裄も長いです。逆に、150cm以下の方には少々大きいかもしれませんが、裄の長さは人それぞれですので、お試しくださいませ。

 

場面ごとに全く趣を変える、全面総手描きの色打掛です。

レンタル料金
¥1,000,000
オプション追加料金
一切不要です。着るのに必要なものはすべてセットされています。
会場への送料
無料
特別なご提案
ご自身だけの小物や掛下も染めることが出来ます。
ご新郎最高級正絹黒紋付
無料(ご新郎お衣装単独レンタル¥100,000)

本当にこのお衣裳をお求めくださる方へ、と思う気持ちから、お値段は勿論のこと、様々なオーダーにも対応できるようにしております。

また、様々な小物のチョイスに関しては、追加のご料金は頂きません。

PAGE TOP