色打掛

色打掛『几帳桜爛漫』

平安の都には寝殿造りと呼ばれる貴族の邸宅が並び、ひねもす鳥の声を聴き、水の流れに想いを溶かせ、花を愛で、歌を詠み、恋をするお嬢様がいらっしゃいました。そんな京の雅を感じさせる優しい色打掛です。

色打掛・正絹・すべて手描き

色打掛『海と空の出逢う場所』

日本の歴史の中で様々な場所に登場する流水柄。
歴史上の様々な流水を集め、まとめあげ、
「風彩染」にしか染められない流水柄の色打掛に仕立て上げました。

色打掛・正絹・すべて手描き・金彩友禅・刺繍

色打掛『風模様百花繚乱』

色打掛の中でも、最も繊細な描き方をしているこちらの色打掛は、古典の描き方でありながら、洋の雰囲気も備え、ただひたすらに女性を美しくすることを追い求めた「ときつかぜ」の細密色打掛です。

色打掛・正絹・すべて手描き

PAGE TOP