白無垢

白無垢『花車の喝采』

御所車に花がいっぱいになる、大切な想いのあふれた図柄です。
国宝富岡製糸場の世界遺産認定記念の特別な白無垢です。

素材
正絹
花車・鳳凰・牡丹・桜・藤・桔梗など

車に載せられたお花は、祝う心の象徴とのこと。

貴人を載せていた牛車はいつしか「御所車」と呼ばれ、格の高いお柄となりました。

そこに満開の華が咲き誇る様子は「花車」と呼ばれ、格式高いお着物の柄の象徴です。

使われるお花もそれぞれいわれがあります。例えば牡丹。

こちらは「富貴」と呼ばれ、百花の王とも言われるお花。

日本で生まれた藤の花と、皇室の家紋にもなる菊を載せた二台の花車が、牡丹と梅の間を抜けて出てくる様子が描かれています。

生地のいわれ
国宝富岡製糸場の世界遺産記念生地

空を舞う二羽の鶴は、大きすぎず、存在感がありながらもあくまで品よく、花嫁を引き立てるよう、大きさも計算された図案です。

御所車や鶴、鳳凰は、定番の柄ではありますが、そのデザイン性は、けしてフェミニンなものではありません。

その点こちらの白無垢の柄裄は、女性らしさを感じさせながら、白無垢のおめでたい柄を押さえているという、絶妙なデザインとなっております。

 

特別な生地です
国宝・富岡製糸場の世界遺産認定記念作品

しかし、この白無垢を直接ご覧になられた方は、まずはその輝きに目を惹かれることでしょう。

国宝の「富岡製糸場」が世界遺産に進呈されたことにより、記念に織られたこちらの白無垢は、なんと国産のシルクを使っているというこだわり。(全体の3パーセントしかないと言われます)

その温かい輝きは、花嫁を優しく輝かせることに間違いありません。

 

ご身長
~170cm
1尺8寸6分(約70.5cm)

また、こちらの白無垢は裄を長く取ってあります。

花嫁衣裳など、正式なシーンで着るお着物は、裄(お袖の長さ)をたっぷり取るという決まりごとがあります。その方が優雅だからです。

現代のレンタル色打掛はワンサイズで、裄が足りないこともしばしばあります。

ときつかぜの白無垢は、裄のサイズを現代の方に合った長さに作っておりますので、どのようなポーズでも、優雅に着こなして頂けます。

レンタル料金
¥150,000

白無垢は、「ときつかぜ」では、「白一色」をお勧めしております。

それは、花嫁本来の「無垢な心でお嫁入する」という意味に還って頂き、着崩さずに着て頂きたいと考えているからです。

伝統は、変わらなければ残りません。変化の仕方を間違えずに、魅力や「心」を大切にしたいと思うのです。大切な日に、大切な心と共にあるお衣裳を、心よりご提案させていただきます。

PAGE TOP